「JIN-仁-」第5話の役者魂

日曜日録画していた「JIN」を晩酌しながら見ています

「大和屋~!!」

「よっ、日本一!!」

芝居を一番見せたい人、

ましてや息子にこう言われたら

役者は、どんな苦しみ、痛みもはね返して

魂で立ち上がるでしょう

いま、オイラは泣いています

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

平本
2011年05月17日 23:27
同じ箇所で泣きました。いいぞ息子!
そして、父親。でかわんこといい、あなたはなんて演技力があるんだ。色んな顔を持っている俳優だ。魅力的。
マサムネ
2011年05月18日 06:38
よくある展開だが、素直に感情移入してた。今回はあの親子がダントツの主役。他の俳優達は脇役になってしまったねでもいい話だった

この記事へのトラックバック