東電・広瀬社長が「驚いた」こと

東京電力の広瀬直己社長が

2012年7月19日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見した内容だ。


広瀬氏は最近、福島市を訪問した時の様子を

「ビルの8階で地元住民との集会に臨んだ時、地震が起きた。

マグニチュード5~6程度の大して大きくない地震だったが、揺れを感じた。

その揺れのすぐ後、地元の方から『4号機の使用済み燃料プールは大丈夫か』とたずねられ、びっくりした。

地元の方がこんなに真剣に心配しているのかと思った」

と紹介したのだが、

記者からは社長に対する違和感を表明する声もあがった。

そして、広瀬社長はその場の空気を感じてか、

「(使用済み燃料プールは)前回の3.11程度の地震が来ても耐えられることが解析されている。

従って、私は、あの程度の地震では全く問題ないと思っていたので、

『あの程度の地震でも驚かれたことに驚いた』。

これには反省点があって、我々の解析なり認識が、皆さんに広く伝わっていなかったことがあった」

と釈明した。

この言い訳も後付け感があって信用できないな


しかし、

市民の対応にビックリした社長・・・

放射能汚染の中で生活している不安な気持ちは永遠に分からないだろう・・・

まず住んでみろよ!!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック